草刈機・刈払機などの農機具がお買い得!草刈機・刈払機などの農機具がお買い得!

 

 

商品カテゴリ

 

HOME»  農業機械のメンテナンス方法について

農業機械のメンテナンス方法について

農家を経営している皆さんは、農機具の点検や整備をきちんと行っていますか?

農業機械はさまざまな種類がありますので、代表的な機械のメンテナンス方法についてご紹介します。

安全で長持ちさせる為には、どのような方法で点検すればいいのでしょうか。



 

【刈払機】

作業前に注意すべきポイントとして、回転刃やチップソーの状態、取り付けボルト・ナットの増し締め、安全カバーなどの確認、エンジンでは燃料やエアフィルターの詰まり、点火プラグの状態などです。

また、使い終わりましたら燃料を抜き取りましょう、エンジンに古い燃料が残っていますと故障の原因となります。

 

 

【背負動噴】

作業前に、ネジの緩み、バンドの点検を行って下さい。

ノズルの接続部のパッキンに傷や変形が無いかも確認しましょう。

使用後はタンク内を水で洗い流し、ポンプとホース内の水抜きを行って下さい。

またエンジン部にゴミが詰まっていると、故障の原因となりますので、定期的に清掃を行って下さい。

 

 

【高圧洗浄機】

使用前にエンジンオイル・ポンプオイルの点検、貯水タンクなどの水源の状態を確認しましょう。

使用後は、高圧ホース、高圧ポンプ内の水抜きを行い、燃料コックが閉じているかの確認も行って下さい。

 

 

【トラクター】

田畑を耕すのは勿論のこと、いろいろなアタッチメントで作業する農業機械です。

 

♦エアークリーナーエレメントの点検

畑作を行う時は、大量の砂埃が一面を舞うので汚れが溜まりやすい場所です。

圧縮空気が噴き出るエアーコンプレッサがあると、時間をかけずに清掃を行うことができます。

 

♦ラジエタースクリーンの点検

虫や草などのゴミが付着するので取り除きましょう。

汚れが酷い場合はオーバーヒートの原因になりますので定期的に清掃を行って下さい。

 

♦ラジエター冷却水の点検

ラジエター液の交換と補充を行うことで腐食の進行を食い止めて、オーバーヒートを防止することに繋がります。

 

♦エンジンオイルの点検

オイルの汚れが目立つ部分でもありますので、定期的に交換することで寿命の伸びが長くなります。

 

♦オイルエレメントの点検

エンジンオイルをろ過するフィルターで、異物を除去する重要な働きをしています。

汚れや詰まりをそのまま放置しておくと、エンジンに大きな打撃を与え、長く持たない場合がありますので定期的に交換しましょう。

 

♦タイヤの点検

空気圧が低下すると、左右のバランスが悪くなり作業に支障が出てきます。

また、タイヤ自体は非常に硬く丈夫な為、空気圧が少なくても見た目で判断することは難しいです。

たとえ、外観に異常がみられなくても、定期的チェックを行うようにしましょう。

 

 

このように、農機具の点検すべき項目はさまざまあります。

正しいメンテナンス方法を理解しておくことで、より効率的な作業を行えるのではないでしょうか。

また当サイトでは、田植え機、散布機、チェーンソーなどの農機具を販売しております。

さらに、お米の美味しさを守る低温米びつ「愛妻庫」を送料無料で販売しておりますので、ご家庭にお一ついかがでしょうか。