草刈機・刈払機などの農機具がお買い得!草刈機・刈払機などの農機具がお買い得!

 

 

商品カテゴリ

 

HOME»  新規就農者に必要なこと

農業機械のメンテナンス方法について

 

新規就農者に必要なこと

農業の高齢化が問題となり、農業離れが問題になっていました。しかし、ここ数年は農業を始める方が年々増えているそうです。

新しく農業を始めた方全員が農家として生活ができるようになるということは難しいことで、一人前の農家になるには、必要なことがいくつかあります。

 

 

《まとまった資金の調達》

新しく農業を始めるとなると、資金が必要になります。家の購入、トラクターなどの農業機械、種や苗などいろいろなものが必要になります。また、農家として収入を得るまでは無収入で過ごさなくてはならないため、最低限の貯蓄も必要です。

 

 

《農地の確保》

農業を始めるのであれば農地が無ければ何も始まりません。既に農地をお持ちの場合、悩むこともありませんが、持っていないのであれば購入もしくは借りる必要があります。新しく農業を始めるという方のほとんどが農地を借りているそうですが、農地を借りることは簡単ではないようです。

 

 

《コミュニケーション能力》

農業をする場所のほとんどが農村だと思います。農村では昔ながらのしきたりやルールなどが多くあり、よそ者を受け入れないという体質の地域もあるようです。

農村で生活し、農業をするには古くから住んでいる農村の住民と仲良くなれるぐらいのコミュニケーション能力が求められています。

 

 

《ノウハウ、知識を学ぶ》

農作物を購入してもらうためには質の良い物を作らなくてはなりません。地域によって気候風土が異なるので作物の育て方も地域によって変わることもあるようです。

気候風土に合わせた作物を育てるためにはその地域での農業経験を積み、ノウハウや知識を得ることが大切です。

 

 

《機械、場所の確保》

農業は作物を育てる土地だけでなく、作物を出荷する準備のための施設が必要になります。

また、最低限の農機具を揃えなくてはなりません。できるだけ借りたり、中古のものを購入して初期投資資金を抑えながら用意することが大切です。

 

 

このように農業を始めるときは資金、土地、知識、機具など様々なものが必要になります。

中古の農機具であれば当店で取り扱っています。芝刈り機、噴霧機など幅広い農機具を取り扱っていますのでお問い合わせください。